私と同じくオンラインカジノ好きの方ならご存じだと思いますが、最近はアニメを題材にしたオンラインギャンブルゲームが多くなっていますよね。 そこで、今回は「ランス・アンド・マスクスがオンラインスロット化したらどうなる?」という事についてお話していきます。 ランス・アンド・マスクスとは? ライトノベル作品で、作者は「ラブライブ!」や「干物妹!うまるちゃん」などの脚本で知られる子安秀明さん。 凄腕ヒットメーカーが手掛けたランス・アンド・マスクスは漫画化、アニメ化もされています。 あらすじは以下のとおりです。 「現世騎士団」の元メンバーである花房葉太郎。 彼には騎士団仕込みの「騎士道体質」があるため、困っている女性を見るとついランスを装備して戦ってしまう。 そんな彼が、6歳の少女で本作のヒロイン鬼道院真緒に出会い……。 ランス・アンド・マスクスがカジノスロット化したらどうなる? YouTubeのアニメ紹介ムービーや単行本の表紙を見ると分かりますが、ヒロインの真緒をはじめとして、どのキャラも基本的に童顔で、可愛らしい雰囲気ですね。 ですから、全体的にファンシーなムードのオンラインスロットになるのではないでしょうか。 ただ、そんな中で異質なのが、朱藤依子というキャラです。 彼女は眼光が鋭く冷酷な人物。まあ、葉太郎に淡い想いを抱いていますので、もちろん可愛げもあるのですが……。 ランス・アンド・マスクスのカジノスロットを作るとしたら、彼女の存在が一つのアクセントになると思います。 だから私もランス・アンド・マスクスのカジノゲームをプレイしたい! 今も根強いファンが多いランス・アンド・マスクスですが、アニメ2期の情報は2年近くゼロであり、漫画も全1巻で終わってしまっています。 また、原作の新刊が6月に発売されますが、実に2年ぶり。 正直、私も含めてランス・アンド・マスクスファンは寂しい思いをしているはず! だからこそ、今度はインターネットカジノゲームという形で、ランス・アンド・マスクスの世界をまた楽しみたいですね。 それにオンラインスロット化して成功すれば、その利益でアニメ2期が作られるかもしれませんし……。 ちなみに、アニメ1期の脚本・構成は原作者の子安さんがそのまま務めています。 ですから、カジノゲームとして成功して「ランス・アンド・マスクスはまだまだいけるのかも?」と子安さんが感じれば、案外スムーズにアニメ2期が制作されるかもしれません。 ですから、本当にこの作品にはカジノゲーム化してほしいですね。 魅力的なキャラクターがゲームを彩ってくれる事でしょう。...